医師はどういったところで不足しているのか

現場で深刻になっている医師不足

医師

私たちが安心して生活するために必要なことはいくつかありますね。
その中にはやはり病気に関することも含まれます。

どこか具合が悪くなったら病院に行って治療をしてもらうことになりますが、
近くにいい病院があればいいのですが、必ずしもそうだとは限らない場合も多々あります。

その中でも特にここ数年深刻化していると言われるのが、医師不足という問題です。

病院はあっても医師がいなければ成り立たないので、潰れてしまう病院も増えています。

医師はどういったところで不足しているのかについてですが、
全国的に不足する傾向にあるもののやはり、
都心と比べると地方の方が圧倒的に医師不足の状態と言えます。

これにはいくつかの原因があります。

地方の場合は過疎化などもあるため人が少ない上に、
ほとんどが高齢者のため本来ならこういうところにこそ医師が必要なのですが、
労働条件や交通アクセスの不便さなどもあってどうしても医師の数が足りなくなります。

医師を取り巻く環境も変化も、
地方の医師不足をさらに深刻化させる原因となっているようです。

また、男性看護師が退職してしまう理由も似た部分があるようです。

⇒ 詳細はこちらに掲載

医師も男性看護師も時代の変化とともに退職理由がここにきて深刻化しているようです。

2004年に臨床医の研修制度が変更になり、
それまで選択肢が限られていた研修先を自由に選べるようになっています。

当然のように技術も設備の整った条件のいい病院で研修を希望するため、
最新設備もなく交通アクセスも悪い地方には希望者も少なくなります。

国でも医師を増やすよう対策を取ってはいるものの、
一向に条件が悪くなる一方の地方では医師不足の問題も年々深刻化しているのです。