医師の給料の相場はどれくらいか

給料の魅力が医師のモチベーション向上に

医師になるには6年間大学に通い、その後国家試験に合格しなければいけません。

仮に国家試験に1発で合格したとしても、
大学の学費は他の科よりも高くなるので誰でも気軽に通えるものではありません。

一度医師免許を取得し、医者として一人前になるまでにもそこからさらに数年かかりますが、
下積みが長いこととそこにたどり着くまでの過程を考えたとき、
医師の給料の相場はほかと比べると良いというイメージもありますね。

しかし医師といっても実は働く場所によってその後の収入は大きく変わると言われています。

例えば勤務医の場合でも医局勤務なのか、一般病院の勤務医なのかによって
月給やボーナスなども変わってくるので、年収にも差が出ることがあります。

あくまでも平均ですが、医局勤務の場合は300万前後からのスタートなのに対し、
勤務医の場合は600万円前後のスタートになると言われています。

さらに何年か病院で勤務医として働き、将来的に開業を目指す場合もその後の年収は変わってきます。

開業医の場合は年収も多くリッチなイメージもありますが、
開業時にかなりの費用がかかるのでそれを回収するまでには
借金の返済になるのでまともに収入となるのはかなり先になります。

しかし一旦軌道に乗れば、一般的な開業医でも年収は
1,000万円前後だと言われていますので年収は開業医も決して悪くはありません。

これはあくまでも相場なのでこの限りではありませんが、
研修後にどの方向に進むかによっても医師の給料の相場は変わってきます。